売れる本だけ買い取るため、流通のムダがなく古本の高額買取が実現できます。

ホーム書棚分類書棚イメージ書棚年鑑
買取オンライン見積
ISBNリスト&査定

高額買取できる理由

1.売れる本だけを買い取るため

 ダンボール単位で見積りなしで買い取りますと、売れない本が多数含まれているリスクを考慮して低価格の見積りとなってしまいます。売れない本も含めて買い取ることは、流通のムダを発生させます。 このムダをなくし、売れる本の買取価格に反映させています。
 本サイトでは事前見積りを行い、売れる本はできるだけ高額に、売れない本は5円の査定となります。すなわちネットで流通性のある本を選ぶことができるので比較的高額に買い取ることができるのです。
 他のサイトや古本屋の見積と比較して、高額の査定を受けた本だけお売りください。

2.専門書が高額査定されます

 本サイトではインターネット上で販売することを前提とした見積りを行っているので、単価の安い本、例えばコミックや小説の文庫本などは最低価格の5円に査定されがちです。これは送料+梱包費が最低でも160円程度はかかるため、入手しやすく定価が安い本はネットではほとんど売れないため5円に査定されてしまうためです。
 本サイトで5円に査定された本でも、店舗売りの古本屋では数十円程度の査定を受ける場合がありますので、もよりの古本屋へ持ち込むことをおすすめします。
 専門性が高い本、例えば哲学や心理学の分野は年月が経過しても高額に売れる確率が高くなります。
 コンピュータ関連や経済など変化が激しい本や、人生論などの本は急速に売れなくなります。
 ベストセラーや自費出版本は需給関係によりほとんど売れません。また極めて専門性が高い本も売れません。
 なお、ネットで売れない本もリアル古本屋で売れる場合もありますので5円でお引き取りしております。

3.発行年が新しい本ほど有利

 本サイトでの年毎の買取率を2009年9月に調査した結果を下記に示します。
 ネットで売れる本(10円以上の査定)とは過去1年以内にインターネット上で流通実績のある本で、 全書籍を対象とし自費出版や限定された少数出版の本も含まれています。
 ネットで売れる本は、出版後1年以内であれば6〜7割程度ですが、10年経過すれば1〜2割程度まで低下します。

2009:71% 2008:59% 2007:46% 2006:39% 2005:34% 2004:29%
2003:24% 2002:19% 2001:18% 2000:17% 1999:14% 1998:13%
1997:12% 1996:11% 1995:10% 1994: 9% 1993: 8% 1992: 8%
1991: 8% 1990: 8% 1989: 8% 1988: 9% 1987: 7% 1986: 7%

4.古本買取価格計算方法

 本サイトではISBNを付けて出版された全書籍約190万点について、常時(毎週更新)市場の流通情報を入手し、古本相場を把握した上で、個別の本ごとに買取価格を決めています。
 5円の査定となった本は過去一年以内に市場での流通が確認できなかったか、市場に在庫が溢れている場合です。
 また流通性が低い本や市場に在庫が多い本は、売れ残りリスクが高くなり買取価格は低く計算されてしまいます。

 注)流通情報は書籍データーベースを持つ書棚ドットコムとアマゾンからの情報を主に利用しています。

5.中古相場を知ることが重要

 書棚分類で全書籍の中古相場と古本買取価格を展示しています。
 お持ちの本に近い分類のページをみて、中古相場(アマゾンマーケットプレイス価格)や古本買取価格(買取オンライン見積の価格と同一)の傾向を知ることができます。
 ネット上ではどの種類の本がどの程度の価格で売買されているのかわかりますので納得してお売りいただけます。
 ただし実際に売れるかどうかは価格だけではなく、アマゾンのランキングや出品数なども重要な判断材料となります。
 中古相場が高い割には古本買取価格が安い本はランキングが低いか出品数が多すぎる、重量が重く送料が高額など、販売リスクが高い場合です。
 中古相場と古本買取価格の差が大きすぎると感じるかもっしれませんが、中古相場(アマゾンマーケットプレイス価格)はあくまで売値希望価格であり、実際に売れる時は価格が下落しているリスクがあります。ランキングが低く出品数が多い場合には売れ残る可能性も高くなります。アマゾンでランキングされている本の75%(50万位より低い場合)は3ヶ月間で新刊+中古で1冊も売れない本です。長期のストックが必要な本はリスク計算して古本買取価格を下げざるを得ないのです。

 注)アマゾンマーケットプレイスでは購入者は中古価格+送料340円の支払いとなります。たとえばコミックや文庫本では1円の中古相場の本も多数ありますが、購入者は341円の支払いになるわけです。販売者は重量が軽い本の場合「341円」と「実際の送料+アマゾンの手数料」の差額が収入となるわけです。