ISBNリストを準備し、自宅で古本買取オンライン見積し、その場で総額を確認できます。>

ホーム書棚分類書棚イメージ書棚年鑑
買取オンライン見積
ISBNリスト&査定

買取の手順

1.古本買取見積準備

 最初にお売りになりたい本のISBNリストを作成します。
 あらかじめISBNまたは旧ISBN(10桁)を1行単位にEnterキーを押してリストを作成してください(ハイフンは除く)。
 新旧のISBNが混在してもかまいません。

 本の裏表紙にある9784で始まる13桁の数値がISBNです。
 2007年からISBN=JANとなりました。
 旧ISBNは4から始まる10桁の数値(最後の桁は数値かX)でした。

 ISBNリスト例(最後の行のEnterキー入力は忘れずに)
 9784000281126
 9784003349113
 9784041366134
 402272367X
 4041673712

 上記ISBNリストはワープロやメモ帳等で作成してもいいのですが、10桁や13桁の数値を入力するのは結構大変です。先頭の9784を毎回入力するのが面倒だったり、一桁入力を間違ったりで数値入力に神経を使います。そこで入力ミスがないか常時チェックしたり、新旧のISBNが混在しても、簡単に入力できるページを作りました。
 正しいISBNコードか否か入力ミスもチェックしてくれます。作成時に同じISBNの本が複数含まれていないなども自動チェック(同じ本2冊以上は買い取ることはできません)。
 またISBNリスト作成と同時に古本買取価格の査定リストも作成できます。
 ISBNリストと査定リスト同時作成 ⇒ ISBNリスト&査定
 ISBNリストのみ ⇒ ISBNリスト作成(インターネットエクスプローラ専用)
 下図に新旧ISBNが裏表紙にどのように記入されているか具体例を示します。

ISBN1ISBN2 ISBN3   

 大量の本をお持ちの方はバーコードリーダー(例↑)を使用して作成することをおすすめします。 ハンディイ型なら\4000〜\7000程度の機種で十分です。
 楽天で買うなら
  ビジコム80mm幅CCDバーコードリーダーPS-800P-USB

amazonで検索

 書棚JPではバーコードリーダーの無料貸出サービスを始めました。
 お売りになる本と同じ段ボールに入れて返却するだけの簡単さです。
 無料で貸し出せるようにペン型で安い機種を大量にそろえています。
 ISBN入力作業が大変だと感じられる方はぜひチェックしてみてください。
 ⇒ バーコードリーダー無料貸出

2.古本買取見積開始

 ISBNリストを買取オンライン見積のボックスへ貼り付けて見積りを行ってください。
 買取は良品以上に限ります。送られてくる本の実績をみますと9割以上は見積額と同額の最終査定となります。ただし良品でも書き込み等がありますと最終的に半額に査定される本が含まれる場合ががありますので下記の買取できる本の品質をチェックしてください。

 なお、ISBNリスト&査定でISBNリストを作成し、査定額を確認した場合は、買取オンライン見積を省略して直接メール送信することもできます。

参考) 高額買取できる理由 買取できる本の品質

3.総額の確認

 全冊見積りが終わったら買取価格総額を確認します。
 売れる冊数が少ない場合は送料・梱包費節約法へ。
 それでも総額が宅配便等の送料に満たない場合はお近くの古本屋へ。

 なお、ISBNリスト&査定でISBNリストを作成し、査定額を確認した場合は総額の確認を省略して直接メール送信することもできます。

4.メール送信

 メール送信画面へ。
 お名前やメールアドレス、振込先等を入力して送信します。
 あらかじめ、お名前、メールアドレス、郵便番号、ご住所、お振込銀行の銀行名、支店名、銀行コード、支店コード、口座種類(普通など)、口座番号、口座名義をメモしておくことをおすすめします。
 メール送信画面で直接入力しますと、誤る確率が高くなります。ぜひあらかじめファイルを作成しておき、メール送信画面でメールアドレス等をコピー、ペーストして入力することをおすすめします。
 なお、ゆうちょ銀行の場合は振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です。(以前のゆうちょ銀行口座番号(記号・番号)のままでは振り込むことができません。)
 従来の記号・番号から新たに振込用の店名・預金種目・口座番号を入手するには下記ページから可能です。 https://wwws.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kouza.cgi

注) ブラウザがFireFoxの時、まれにメール送信時エラーとなることがあります。

5.返信メール受け取り

 書棚JPから個別の書籍ごとの査定結果が返信メールされます。

6.現品送付

 査定額が低く、リアル古本屋で売った方がよい本や用紙としてリサイクルした方がよい本を除いてダンボール等に梱包し、宅配便等で送付してください。送料・梱包費節約法をお勧めします。
 なお、身分証のコピー(免許証等)を同封してください。
注)
古物営業法の改正で2011年4月より1万円未満の買取であっても本人確認が義務づけられました。
免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、外国人登録証明書、健康保険証、国民健康保険証、年金手帳などが身分証となります。学生証や社員証は身分証とはなりません。
なお、コピーを同封する代わりに運転免許証やパスポートなどをデジタルカメラ(写メールも可)で撮影したものをメール(info@shodana.jp宛て)に添付して送っていただいてもかまいません。


7.最終査定

 当店にて現品を受け取った後、品質等の最終査定を行います。
 最終査定の実績を見ますと9割以上が買取オンライン見積の査定額と同じです。 結果をメールでご連絡いたします。

参考) 買取できる本の品質

8.現金振込み

 最終査定に承諾いただけたら指定の口座にお振込します。
 承諾いただけない場合は着払いで返送いたします。